犯罪 手錠 逮捕

犯罪を犯してしまった方へ。 

他人に迷惑をかけるような犯罪を犯してしまったあなたは、今どんな気持ちでいるのでしょう。後悔しているのか、それとも、そうなって当然と開き直っているのでしょうか?いずれにしても、あなたが犯した行為は消去できません。迷惑を受けた人の傷も消せはしません。

あなたが犯した犯罪行為には、なんらかのスピリチュアルメッセージが隠されている可能性があります。それを理解することで、同じ過ちを繰り返すことから逃れることができ、さらに、自分と同じように愚かな過ちを犯そうとしている人を助けることができるかもしれません。

本記事では、犯罪を犯してしまった方へのスピリチュアルメッセージをご紹介いたします。

①自分のカルマを受け入れて、改心するチャンスをもらった

他人に苦痛を与えるような犯罪行為を行ってしまったあなたは、悪いカルマを一つ背負ってしまいました。そのカルマは、いつしかあなたに、なんらかの形で必ず返ってきます。それは避けられない事実です。あなたが、もし自分のした行為を後悔しているのなら、「自分のカルマを受け入れて、改心するチャンスをもらった」というスピリチュアルメッセージを受け取ったのかもしれません

犯してしまったことは元には戻せません。あなたは一生重い十字架を背負って生きていかなければなりません。その重さは、あなたが誰かに与えた重さでもあります。

二重の重さを背負って生きる決意ができたとき、改心するチャンスを与えられたと言ってもいいでしょう。

②他人があって初めて自分がある

独感 寂しさ 人混み 人々 混雑

自分の身勝手さから犯罪に手を染めたあなたは、他人を軽視しすぎました。他人などどうでもいいという気持ちが、自分本位のあなたを作り上げてしまったのです。そんなあなたには、「他人があって初めて自分がある」というスピリチュアルメッセージを受け取ったのかもしれません。

生かされているということ

あなたは決して一人で生まれたわけではありません。一人で大きくなったわけでもありません。誰かがいたからこそあなたが生きられたことを忘れ、他人を軽視して、おまけに危害を与える行為を犯したことは、自分の身勝手以外の何物でもありません。

自分というあまりに小さい存在に気付き、生かされているということを理解するための大事な時間をいただいたと思って生きていくことが大事です。

③自分を自制する術を学びさない

やっていいことと悪いことの区別はついても、それでも自分が抑えられないというあなたには、「自分を自制する術を学びさない」というスピリチュアルメッセージが届いたのかもしれません。 

自分を制御することは、やってはいけないことに、「NO」と強く言える自分を持つということです。自分で自分自身をしっかりと審判する力を持つ必要があります。

自制できないとどうなるかが分かったはず

犯罪を犯してしまったことで、あなたは自制できないとどうなるかが分かったはずです。「NO」と言える自分自身を作り上げること、悪い結末を迎えたくないという強い気持ちを持つことで、あなたは初めてブレない自分を築くことができるのです。

④執着心は何の役にも立たない

女の子 夕日 悩み

欲が心を支配し、どうしてもその欲をコントロールできないとき、欲を満たすために犯罪に走ります。そんなあなたには、「執着心は何の役にも立たない」というスピリチュアルメッセージを受け取ったのかもしれません。

欲を満たしたいという執着心は、あなたの正常な心を曇らせ、ある特定のものや人に向けて意識を集中させます。そして、欲望が大きくなると、どんな手を使っても手に入れないと気が済まないという状況に陥ります。それが犯罪に手を染めるきっかけになるのです。

執着心は、大きくなることはあっても、決して小さくなることはありません。執着心を持てば持つほど何かに固執してしまい、自分を見失うのです。自分に不利益のみを与える欲を持つことの危険性を理解しましょう。

⑤社会の悪い見本になりなさい

ストーカー 憑依 怒り

犯罪を犯すと世間の目にさらされます。当然です。白い目であなたを見ることでしょう。あなたはそれに耐えなければいけません。そして、「社会の悪い見本になりなさい」というスピリチュアルメッセージをしっかりと受け止めなければいけません。

社会のルールからはみ出した行為をした者は、裁きを受けます。そうして、「こうなってはいけない」という悪い見本になるのです。あなたを悪くいう人がいるでしょう。しかし、それも含めて全てを受け入れなければなりません。

生きた教科書になる役割 

あなたは悪い見本として、「自分のようになってはいけない」という生きた教科書になる役割を引き受けたのです。そして、それだけではなく、しっかり反省することで、更生できることを皆に教えなければなりません。重い十字架とともに、反面教師となる覚悟を持たなければならないのです。

⑥人様にネガティブな感情を押し付けてはいけない

「もうどうでもいい」なんていう投げやりな気持ちは、何かに絶望した気持ちが産んだ負の産物です。そんなネガティブな感情を、誰かを傷つけることで解消したあなたには、「人様にネガティブな感情を押し付けてはいけない」というスピリチュアルメッセージを受け取ったのかもしれません。

自分の弱さ

絶望から何もかも投げやりになって、他人を巻き込むことで処理しようとすることは、他人からしたらいい迷惑です。あなたは、自分だけが苦しむのが嫌で、自分と同じように他人も苦しめばいいという身勝手さから、周りの人を巻き込んでしまい、だれかを傷つけてしまいました。自分の弱さが、一人で苦しむことから逃げるように仕向けたのです。

弱い自分と対話してください

問題はあなた自身の弱さです。自分の弱さと徹底的に向き合う必要があります。かなりの時間をかけて弱い自分と対話してください。弱い自分が何も言えなくなるぐらいまで追い詰めてください。その時、あなたは自分を抑える術を身に付けているはずです。

⑦反省し、何を学んだかを証明しなさい

女性 喘息 呼吸 感謝 胸

自分の非を認めることは簡単なことではありません。しかし、間違ったことをした人間はそれをしなければなりません。「反省し、何を学んだかを証明しなさい」というスピリチュアルメッセージを受け入れて、実行しなければなりません。

その後の人生で証明して見せる 

間違いは誰にもあります。大きな間違いも小さな間違いも、そこから何を学んだかで、同じ過ちを繰り返さないようにすることができるのです。しっかり反省し、どう反省したかを示す唯一の方法は、その後の人生で証明して見せることです。

言葉で何を反省したかは嘘でも言えます。でも、それを行動でしますのは嘘のある気持ちではできません。嘘偽りない反省は、態度で示しましょう。

⑧人の苦しみを通して、自分の苦しみを知りなさい

孤独 絶望 嫉妬

あなたは誰かを傷つけ、誰かに苦しみを与えてしまいました。その苦しみは一生消えないかもしれません。それほど深い苦しみを与えたあなたには、「人の苦しみを通して、自分の苦しみを知りなさい」というスピリチュアルメッセージを受け取ったのかもしれません。

あなたにとって必要な苦しみ

誰も苦しみたいとは思いません。しかし、生きている限り、苦しみは存在し続けます。あなたは、苦しみを与えてしまったことに苦しんでいるのです。でも、この苦しみは、あなたにとって必要な苦しみだったのかもしれません。

人の苦しみから、あなたは本当の意味で苦というものを理解したのかもしれません。苦しみを与えてしまったことの悔い、自分がその苦を受け入れることで、あなたは「もう苦しめるようなことはしない」と思えるようになったはずです。 

最後に

ここまでの長文をお読み頂き、有難うございます。
犯罪を犯してしまった方の大半は、「なぜあんなことをしてしまったんだ」と後悔している人だと思います。過去は誰にも変えられません。変えられるのは今、そして、未来です。過去の過ちから学び、反省し、二度と同じ過ちを犯さないようにすることこそ、あなたが傷付けた人と、あなた自身に対する償いです。自分自身としっかりと向き合うことから逃げてはいけません。

犯罪を犯してしまった方へのスピリチュアルメッセージは

  1. 自分のカルマを受け入れて、改心するチャンスをもらった
  2. 他人があって初めて自分がある
  3. 自分を自制する術を学びさない
  4. 執着心は何の役にも立たない
  5. 社会の悪い見本になりなさい
  6. 人様にネガティブな感情を押し付けてはいけない
  7. 反省し、何を学んだかを証明しなさい
  8. 人の苦しみを通して、自分の苦しみを知りなさい

ということでした。
以上、最後までご覧頂き、有難うございました。