蒙古斑が消えない方へのスピリチュアルメッセージ

蒙古斑のある赤ちゃん蒙古斑が消えない方へ。

皆さんは蒙古斑というものをご存知ですか?蒙古斑とは青あざの事を指し、主にお尻を中心に現れ、黄色人種ではほとんどの赤ちゃんに見られます。成人までには消える事が多いですが、中には大人になっても消えない人も存在します。

実は蒙古斑にはスピリチュアルな意味があるという事をご存知でしょうか?スピリチュアルの世界では、私達の体に現れる症状全てに何らかのスピリチュアルメッセージが込められていると考えられています。

赤ちゃんの頃に現れて自然に消える人、消えない人、元から現れない人など様々ですが、そこにはスピリチュアルの世界からのメッセージが発信されているのです。大人になっても蒙古斑が消えない人にはどのようなスピリチュアルメッセージが込められているのでしょう?

月乃光
月乃光

この記事では月乃光が、蒙古斑が大人になっても消えない方へのスピリチュアルメッセージをご紹介いたします。

蒙古斑とは?

蒙古斑とは先天性の青あざの事を指し、主にお尻を中心に現れ、黄色人種ではほとんどの赤ちゃんに見られます。成人までには消える事が多いですが、中には大人になっても消えない人も存在します。通常は5歳までに消失すると言われています。

蒙古斑は、臀部や肩、脇腹などに一つの大きなものが現れたり、所々に現れることもあります。臀部以外の手足や顔などの部位に現れる事もあり、その場合は、異所性蒙古斑と呼ばれます。性差はなく、男女共に同じ割合で発生します。

原因は、肺の発育の段階で真皮内のメラノサイトが移動する時に受ける刺激によって発生すると言われています。

蒙古斑がある時の健康面での問題

蒙古斑がある時の健康面での問題については、見た目に目立つという問題以外には体の病気と関連するという報告はないと言われています。

10歳までにはほとんど自然に消失すると言われている為、特に治療をせずに経過を見る事が多いです。人目に触れやすい部分に蒙古斑がある場合などは主に整容面での問題として扱われますが、本人が気にしていたり、コンプレックスを持ってしまう場合は、精神面への影響が出る場合もあります。

蒙古斑の対処法

健康面での影響はほぼありませんが、見た目の問題や、心の問題を加味して治療の対象となる場合もあります。

蒙古斑の対処法としては、レーザー治療が効果が高いと言われています。基本的な治療としてはレーザー治療になりますが、幼少期に行う場合には、治療中に痛みを伴う為、全身麻酔を要します。その為に入院が必要になる事もあります。

レーザー治療の効果は高く、ほぼ成功しますが、場合によっては軽い色素沈着が残る場合や、色素脱出をきたす場合もあると言われています。

蒙古斑がある時の基本的なスピリチュアルな意味

蒙古斑のある赤ちゃん

蒙古斑がある時の基本的なスピリチュアルな意味は、過去世における痛みの記憶であると考えられています。

過去世の痛みの記憶が表れています

スピリチュアルの世界では、生まれつきあるあざをバースマークとも呼びます。バースマークの持つ意味の最も代表的なものは、過去世においてあなたが致命傷を負った体の部分に表れると考えられています。

生まれ変わっても痛みの記憶を持つ魂が、何らかの意思を持ち、あざという形で表れているのです。

つまり、蒙古斑が消えないのは過去世においての痛みの記憶が表れているといったスピリチュアルな意味があるという事になります。そしてそれは、今世を生きるあなたに何らかのスピリチュアルメッセージを送っているという事になるのです。

月乃光
月乃光

それでは以下で、それぞれの場合による蒙古斑のスピリチュアルメッセージをお伝えします。

★あなたの悩みは解決しましたか?

解決しない悩みは、人に聞いてもらうと気持ちが安らぐだけでなく、自分では全く見えてなかった意外な事で解決方法が見えてきます。

どうしても解決しない悩みは、占い師の方に直接相談しましょう。「電話占いヴェルニ」では、わざわざ外出しなくとも、合格率3%の難関オーディションを通ったプロ占い師が、悩みを必ず解決してくれます!

➡電話占いヴェルニで悩みを解決する方はこちら⬅

皮膚
この記事を書いている人
月乃光

過去にはリフレクソロジーを施すセラピストとして人を癒す仕事をしていました。仕事を通して、目には見えないものの力に興味を持つようになり、オーラやチャクラの存在を強く感じるようになりました。皆さんの人生がより良くなる為のお手伝いが出来れば嬉しく思います。

月乃光をフォローする
Spiritual Message