足首のトラブルに込められた症状別のスピリチュアルメッセージ

足首のトラブルに悩んでおられる方へ。

皆さんはご自身の身体のどこかにトラブルが起きた場合、そのトラブルについてどのように捉えていますか?例えば湿疹であったり、捻挫や骨折や火傷などの外傷であったり、一言にトラブルと言っても色々ありますよね。

それらのトラブルはたまたまそこに起きたのではなく、実はトラブルが起きる場所によって意味があるという考え方もスピリチュアルの世界には存在します。つまりあなたの身体の一部に表れたトラブルはあなたへのメッセージが込められているということになるのです。

本記事では、「足首のトラブルに込められた症状別のスピリチュアルメッセージ」をご紹介いたします。

①足首を捻挫した時のスピリチュアルメッセージ
「自分が行きたくない方向へ向かっている」

まず、捻挫をした場合は、スピリチュアルの世界からは、「今している事をやめた方が良い」という意味が込められています。そして、その部位が足首の場合は、自分が行きたくない方向へ向かっている、または何らかの圧力によって強制的に向かわされているということを意味します。

また、自分のやり方や考え方に頑固さが現れていて、融通が利かなくなっている時でもあると言えます。

右の足首を捻挫した時

右の足首を捻挫した時は、自身が置かれている環境であったり、自身が行こうとしている先に対しての不満が強いようです。その行く先には自身の居場所がない、または居心地が悪いと感じているようです。

左の足首を捻挫した時

左の足首を捻挫した時は、自身の生き方であったり、やり方に不満を感じているようです。自分自身がこれからどうしていきたいのか、本当に望んでいる事は何なのかを再度考え直す必要がありそうです。

②足首が浮腫む時のスピリチュアルメッセージ
「前に進む事を恐れている」

孤独 絶望

スピリチュアルの世界では、心の不調は身体に出ると考えられています。つまり、心と身体は密接につながっていて、心の中には何かを溜め込んでいると、それが身体のどこかにトラブルとして現れてくるのです。

足首が浮腫む時

足首が浮腫む時は、スピリチュアルの視点から見ると「前に進む事を恐れている」というメッセージが込められています。

足は前進するための部位なので、前進する為に重要なパーツである足首が浮腫んでいる時は前進する事が難しい状態になっています。

前に進む事に対して恐れを抱いている場合に足首が浮腫む

足首には、足の裏側の中央辺りから続く腎臓の経路があり、腎臓がつかさどる感情は恐怖なので、前に進む事に対して恐れを抱いている場合に足首が浮腫む傾向があると考えられています。

もしもあなたが今前に進む事に対して恐れを抱いているという自覚があるのであれば、その恐怖に打ち勝つ方法を考えて対処するようにしてみましょう。

③足首が硬くなっている時のスピリチュアルメッセージ
「頑固さが強まっている」

恨み

スピリチュアルの世界では、身体の硬さは心の硬さであるという風に捉えられています。つまり、心が緊張していると身体の方も緊張して強張ってくるという事です。これは皆さんも経験された事があるのではないでしょうか?

例えば子供の頃にピアノを習っていて、たくさん練習をしたのに発表会の本番で緊張して思うように指が動かなかったり、部活動の試合で普段通りの動きが出来なかったりする事ってありますよね。

足首が固くなった時

このように、心の状態は身体に現れやすいので、足首が硬いという事は心の緊張状態が長期間続いている事を意味します。そしてそれは、心の柔軟性を失っている状態でもあります。つまり、あなたの内面において頑固さが強まっているというスピリチュアルメッセージになるのです。

色んな人と会話をしてみましょう

こんな時は内面からケアするのが一番効果的なので、色んな人と触れ合う機会を持って会話をしてみましょう。たくさんの人と会話をする中で、色んな考え方や世界観があるという事を知る事で、あなたの中の頑固な一面も改善されるかもしれません。

④足首の痛みがある時のスピリチュアルメッセージ
「毎日をもっと楽しむ必要がある」

女性

痛みというものは、身体的な負傷などの外的な要因によるものと考えられる事が多いですが、スピリチュアルの世界では心の状態が起因となっている場合もあると考えられています。

そしてその痛みは、対処しきれていない心の問題を抱えている事を警告する為のメッセージであると捉えられています。痛みが現れる部位によっても込められているメッセージも変わってきます。

足首に痛みがある時

足首に痛みがある時のスピリチュアルメッセージは、「毎日をもっと楽しむ必要がある」という内容になります。自分自身に厳しすぎたり、やりたい事を我慢して毎日を過ごしてはいませんか?

自分のやりたい事ばかりを優先して、やるべき事を放ったらかしにしては良くありませんが、怪我をしたわけでもないのに足首に痛みが出て来た時は、自分の要求を抑え過ぎているというスピリチュアルの世界からの警告かもしれません。

たまにはご自身を思い切り甘やかす時間を取ったり、やりたい事に没頭してみたりして、毎日の生活に刺激を与えてみましょう。

⑤足首を骨折した時のスピリチュアルメッセージ
「立ち止まって注意深く物事を考える必要がある」

姿勢

スピリチュアルの世界では、怪我をする場所によってそれぞれの意味があると前述しましたが、怪我をする事自体が、偶然ではなく必然であるという考え方をします。病気に関しても同様で、自身に全く関係のない事が、突然に病気や災いとなって降りかかってくる事はなく、物事にはかならず因があると考えられています。

足首を骨折した場合

足首を骨折した場合は、何かに対して急ぎ過ぎている事が多く、ペースダウンをしなさいというスピリチュアルの世界からのメッセージです。そして一度立ち止まって注意深く物事を考える必要があり、様々な事柄について考え直す時期でもあります。

もしもこれから先、病気や怪我などがご自身に生じた時は、問題が起きた身体の部位から意味を読み取り、自身の軌道修正するべき点を判断するようにしてみて下さい。

⑥足首から足先にかけての皮膚のかゆみがある時のスピリチュアルメッセージ
「進みたいのに進めない事への苛立ちが表れている」

仕事

身体にかゆみが起きた時って、思わずその部分をかきたくなると思います。その時の気分は、かゆみによって苛立っている事が多くはないでしょうか。

皮膚にかゆみがある時は、環境や周りにいる誰かによって、何かが出来ないと感じて苛立っている事が多いようです。自身の置かれた環境のせいでやりたい事が実現できないと感じていたり、他者のせいでやりたい事が出来ないと感じている人は、苛立ちと怒りからかゆみを生じるのです。

足首から足先にかけてかゆみがある時

そして、その部位が足首から足先にかけてである時は、進みたいのに進めない事への苛立ちが特に強く現れています。

こんな時は一度冷静になって、自身が本当はどうしたいのか、どうありたいのかを問いかけてみて下さい。本来のあなたがあるべき姿を見つける事で、進むべき道やその方法もはっきりとしてくるでしょう。

⑦足首にあざが出来た時のスピリチュアルメッセージ
「自分の人生を歩めていない」

身体にあざが出来た時のスピリチュアルな意味は、「これ以上は耐えられないと感じている」ということです。そして、身体のどの部位にあざが出来たかによって、どのような事柄について限界を迎えているかがわかるようになっています。

足首にあざが出来た時

足首にあざが出来た時のスピリチュアルメッセージは、「自分の人生を歩めていない」という事になります。自身が喜ぶような行為をしてきていないと思われます。

その為、喜びや楽しみを感じることの少ない人生になっていて、思い通りに進まない人生に対して嫌気がさし、絶望感を感じている状態です。その絶望感はかなり強く、これ以上は耐えられないと感じているような状態を表します。

⑧生まれつき足首にあざがある時のスピリチュアルメッセージ
「前世で怪我をした時の苦しみを伝えようとしている」

骨折してしまった方へのスピリチュアルメッセージ生まれつき持っていたものは、スピリチュアルの世界では前世の自分からのメッセージと考えます。バースマークという言葉もあり、遺恨の記憶があざとして表れているという風に考えられています。

そしてそれは、あざを持って生まれてきた人に対して思い出す事を促しており、忘れないように訴え続けているのです。

前世の痛みの記憶や、苦しみを今の自分に訴えている

あざというものは、軽い打ち身で出来るものから、切り傷や怪我の跡など、様々な理由で出来ますが、軽い打ち身であれば自然治癒力によって完全に消えていきますが、傷の深さによってはあざとして残る場合もあります。怪我の度合や痛みの大小の差はあっても、全てのあざは痛みの痕跡という考え方が出来ます。

つまり、生まれつきのあざがあるという事は、前世の痛みの記憶や、苦しみを今の自分に訴えていると捉える事が出来ます。そしてその痛みや苦しみの度合いはかなり強いものである場合が多いです。

足首にあざがある場合

あざが出来る部位によって意味があり、足首にあざがある場合は、前世で足首に怪我を負って動けなかった時の苦しみを訴えているのかもしれません。

あざのある部位に意識を持っていき、集中してみて下さい。そこには前世から今世に持ち越すほどの苦しみがあるかもしれません。それを感じて、前世の自身の叫びを聞いてあげれば、あざはその存在意義を失っていきます。

そして過去の遺恨や因縁から解放されれば、そのあざは薄くなったり、消えていく傾向があります。

生まれつきのあざは前世の因縁?スピリチュアル的に解説

最後に

ここまでの長文をお読み頂き、有難うございます。足首に起こる様々なトラブルに対して、どのような意味が込められているのかという事をスピリチュアルな視点から解説させていただきました。

単なる捻挫やあざや、かゆみなどのちょっとした不調もスピリチュアルの世界では偶然ではなく必然であると捉えられ、また、その症状によってそれぞれにメッセージが含まれているのです。

そのメッセージを的確に捉える事が出来れば、皆さんの今後の人生においての大きなヒントになるでしょう。そして皆さんの今後の人生がより素晴らしいものになれば大変嬉しく思います。

足首のトラブルに込められた症状別のスピリチュアルメッセージは

  • ①足首を捻挫した時のスピリチュアルメッセージは「自分が行きたくない方向へ向かっている」
  • ②足首が浮腫む時のスピリチュアルメッセージは、「前に進む事を恐れている」
  • ③足首が硬くなっている時のスピリチュアルメッセージは、「頑固さが強まっている」
  • ④足首の痛みがある時のスピリチュアルメッセージは、「毎日をもっと楽しむ必要がある」
  • ⑤足首を骨折した時のスピリチュアルメッセージは、「立ち止まって注意深く物事を考える必要がある」
  • ⑥足首から足先にかけての皮膚のかゆみがある時のスピリチュアルメッセージは、「進みたいのに進めない事への苛立ちが表れている」
  • ⑦足首にあざが出来た時のスピリチュアルメッセージは、「自分の人生を歩めていない」
  • ⑧生まれつき足首にあざがある時のスピリチュアルメッセージは、「前世で怪我をした時の苦しみを伝えようとしている」

ということでした。
以上、最後までご覧頂き、有難うございました。