家族に障害者がいる方へのスピリチュアルメッセージ

家族に障害者がいる方へ。

とても大変な思いをされているでしょう。周囲の人たちの視線が気になり、外出もままならないという人もいらっしゃるでしょう。毎日の生活に疲れ切っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。どうして、普通に生まれてきてくれなかったのかと思っている人もいるでしょう。もしかすると、どうして普通に生んであげられなかったのだろうと、ご自身を責めている方もいらっしゃるかもしれません。

家族に障害者がいらっしゃるのは、スピリチュアルメッセージかもしれません。障害者として生まれてきた人は、天からのメッセンジャーだからです。「それならどうしてこんなに、辛く苦しい思いをしないといけないの」と思っていらっしゃる方もいるかもしれません。そこにも実はちゃんと理由があるのです。

これから家族に障害者がいる方へのスピリチュアルメッセージを、ご紹介して参ります。辛く苦しいと感じていたり、肩身の狭い思いをしている方々は、そのメッセージを忘れてしまっているのです。メッセージをと合わせて意味もご紹介して参ります。参考にされて、思い出すきっかけになればと思います。

①肉体の大切さを思い出すように

家族に障害者がいるあなたは、肉体の大切さを思い出すようにという、スピリチュアルメッセージを受け取っているのかもしれません。地球で生きていると、多くの人たちは肉体を大切にすることを忘れがちになります。それだけ地球で生きていくことが、忙しくなっているのです。また、地球上では自分の肉体以外に大切だと感じることが、大変多いということもあります。それらに意識や気持ちが向いてしまい、肉体のことが疎かになってしまっているのです。

肉体は神様から贈られたプレゼントです

地球で目的を達成するためには、魂の器となる肉体が必要です。その肉体を神様がプレゼントしてくれました。神様からのプレゼントを大切にするのは、当然至極に感じます。実際、神様から贈られた時には、大切にしようと誰もが思っています。ですが、実際地球にやって来てみると、他に意識を向ける場所や事柄が多すぎ、肉体にまで気持ちも意識も向かなくなってしまいます。

前世で自分の肉体をあまり大切にして来なかったのかもしれません

あなたはきっと、前世で自分の肉体をあまり大切にして来なかったのかもしれません。酷使しすぎて、自分の目標を地球で達成する前に、肉体が壊れ、魂だけが出てきてしまったのでしょう。神様はそのようなことになってもお怒りになることはありません。

ですが、あなたはそんな自分が許せませんでした。そして自分が決めた目標を達成する前に、肉体を大切にするということを徹底的に自分自身に落とし込もうと決めました。それが、障害者を家族に持つ、という方法です。

五体満足に生まれてきていることがどれだけ素晴らしい事なのかを、障害者を家族に持つことで、しっかり自分自身の中に落とし込もうとしているのです。これはあなたが次に生まれ変わった時、自分の目標を達成する為の大切な準備段階なのです。

②無償の愛の本来の意味を思い出すように

愛

家族に障害者がいるあなたは、無償の愛の本来の意味を思い出すようにという、スピリチュアルメッセージを受け取っているのかもしれません。「無償の愛」という言葉は、聞こえは良いですが、地球ではなかなか実感しにくいものです。なぜなら、「分からない」ことへの不安や恐怖があるからです。「こんな風に思われたらどうしよう」や「もしかしたらこんな風に感じているかもしれない」という疑心暗鬼が湧いてきます。疑心暗鬼は無償の愛とは正反対の存在です。そのような感情がある限り、無償の愛を思い出すことは難しいでしょう。

障害者を家族に持つことで、必然的に無償の愛を知る

障害者を家族に持つことで、必然的に無償の愛を持つことができるようになります。相手は自分のことをほとんど出来ないのです。家族であるあなたにしてもらわなければなりません。そこには「やってくれなかったらどうしよう」という疑いや不安の感情はありません。絶対にしてくれるという絶対的な信頼があります。

また、あなたは色々と辛く苦しいこともあるでしょう。ですが、それでも障害者である家族の手となり足となっています。そこにあるのは好きや嫌いといった単純な感情ではないはずです。「やってあげよう」という気持ちもほとんどないでしょう。自然と体が動いているのではないでしょうか。

誰かの為に何かをするのが当然である、というのが「無償の愛」

それが、無償の愛です。「好き」という気持ちも「嫌い」という気持ちも存在しません。「やってあげよう」という気持ちもなく、当たり前のように障害者の家族の為に、手となり足となって動くことができる。それが無償の愛の本来の意味なのです。誰かの為に何かをするのが当然であるというのが、無償の愛です。

あなたは障害者を家族に持つことで、その無償の愛の意味を思い出しているのです。これをクリアしたあなたは、次の段階へ進むでしょう。無償の愛を思い出すことが、次のステップアップへの試験になっているからです。あなたは現在、次の段階へ進む為の、一生をかけた長い試験期間中なのです。

③純粋さの本来の意味を思い出すように

家族に障害者がいるあなたは、純粋さの本来の意味を思い出すようにという、スピリチュアルメッセージを受け取っているのかもしれません。地球上で生活をしていると、様々な感情が湧いてきます。それらの感情の中には良いものもあれば、不快に感じるものもあります。特に不安や恐れ、疑いの感情は、不快な感情と言えるでしょう。ですが、本来の私たちの感情は、とても純粋であるはずです。

障害者の方は疑うことをしません

常にあるのは信頼だけです。疑っていては生きていくことは難しいからです。自分のことも自分ですることがままならないのです。他の人を疑っていては、何もしてもらえませんし、地球で生きていくことも難しくなります。信頼は純粋さの象徴です。純粋であるから、自分以外の人たちを信頼することができるのです。

本来の人のあるべき姿は純粋であることです

あなたはどうでしょうか?純粋さを忘れてしまっているのではないでしょうか。地球で生きていく為には仕方のないことかもしれません。ですが、本来の人のあるべき姿は純粋であることです。そのことを障害者の家族を持つことで、思い出そうとしているのです。純粋さの本来の意味を思い出すことができれば、あなたは次の段階へ進むことができます。現在のあなたは、ステップアップ試験の真っ最中なのです。

④心と心の繋がりを思い出すように

人々

家族に障害者がいるあなたは、心と心の繋がりを思い出すようにという、スピリチュアルメッセージを受け取っているのかもしれません。地球に住んでいる人間の多くは、言葉で相手の気持ちを推し量ります。相手が自分のことをどう思っているのかは、相手がはっきり言ってくれないと伝わらないことが多くあります。相手が何も言ってくれなかったら不安になり、疑心暗鬼に苛まれる人も多くいます。

障害者の方の中には言葉が話せない人も大勢います

言葉が話せない障害者の人たちと、他人である人が意思の疎通を試みようとすると、それは大変な時間とエネルギーを要します。相手もこちらも、考えや気持ちが伝わらず、いらいらすることもあるでしょう。仮に意思の疎通が上手くいったように見えても、実際のところはどうなのか、はっきりしたことが分からないケースもたくさんあります。

言葉という障壁を超えた、心と心の繋がり

ですが、家族であるあなたには、障害者の家族が何を思い、何を感じているのか分かるはずです。そこに言葉がなくても、ちゃんと相手の気持ちや考えを感じ取り、望んでいることを的確にこなしていくことができているはずです。

これは、言葉という障壁を超えた、心と心の繋がりです。人の本来の能力であった、心と心の繋がりを、あなたは障害者の家族を持つことで、思い出しているのです。言葉の壁を越えたその先には、あなたが望む明るい未来が待っています。そこには不安や恐れの感情はありません。心穏やかな世界が広がっています。そこへ辿り着く為の通過点をあなたは経験しているのです。

⑤地球での人としての最後のお役目を行っている

使命家族に障害者がいるあなたは、これが最後のお役目なのかもしれません。地球での最後のお役目は、辛く苦しいものである場合が多くあります。地球でのお役目を終えると、次は高次の存在として、地球に住む人たちを守護したり、導いたりといった役目を担うことになります。その為には、あらゆる経験を積んでおかなければなりません。自分の経験したことしか、伝えたり役立てたりすることができないからです。

最終試験は時に辛く苦しいものになりがちです

地球で人として生きていくことから、高次の存在へとステップアップする為の最終試験は、これまで学んできたことや経験したことの集大成となります。その集大成は、時に辛く苦しいものになりがちです。私たちにとって高次の存在とは、手の届かない場所にいらっしゃる方として認識しています。そのような手の届かない高次の存在へとステップアップするのですから、その為の試験も辛く苦しいものにする人が多くいます。それだけの覚悟を持って高次の存在としての役目を担います、という意思表示なのです。

これが終われば、あなたが人として地球にやってくることはありません

あなたは家族に障害者がいる環境を選ぶことで、高次の存在へとステップアップする最終試験としたのでしょう。周囲の人たちの視線を気にしたり、自分の時間を大幅に削られたりといった、神経をすり減らし、自分を犠牲にする環境を、あなたは自分で選んだのです。その環境を乗り越えることで、高次の存在としての役目を今後は担っていきます、という意思表示を示しています。

これが終われば、あなたが人として地球にやってくることはありません。この最終試験を乗り越え、高次の存在としての役目を担ってください。

⑥地球での人としての最後のお役目のお見送りを行っている

地球

家族に障害者がいるあなたは、地球での人としての最後のお役目をしている人の、お見送りをしているのかもしれません。地球で人として最後のお役目を選ぶ際、障害者として生まれてくることを選択する人もいます。障害者本人も、家族に障害者がいる人と同じくらい、ハードルの高い生涯を送ることになります。体の自由が利かなかったり、意思の疎通が難しかったりという難関がありますから、楽しい生涯とは言えません。ハードルが高ければ高いほど、高次の存在としてお役目を担っていくという意思表示になります。

高次の存在へステップアップする人を助けることは、この上ない喜び

ただし、障害者本人は自分のことがほとんどできません。多くのことを誰かに助けてもらう必要があります。その手助けをすることを、あなたは申し出たのでしょう。

人から高次の存在へとステップアップすることは、大変素晴らしい事です。その手助けをすることは、大変光栄なことです。地球で生きているあなたにとっては、そうは思えないかもしれません。ですが、地球へやってくる前の段階では、高次の存在へステップアップする人を助けることは、この上ない喜びなのです。あなたはその喜びいっぱいの役目を申し出ました。いつか自分も高次の存在になるのだという、希望を抱いて、あなたは申し出たのです。

あなたもやがて高次の存在として地球から旅立つ時がやって来ます。その未来を夢見て、今は高次の存在として旅立つ障害者の家族を見送りましょう。たくさんの祝福の気持ちを持って、見送ってあげましょう。

⑦障害者のご家族は、実は高次の存在

神

家族に障害者がいるあなたは、実は高次の存在と一緒に暮らしているのかもしれません。「え?」とびっくりされた方もいるかもしれません。高次の存在とは、地球で人として暮らしている私たちにとっては、目に見えない存在として考えられています。ですが、地球に来ている高次の存在は、私たち人間には見えない存在ばかりではありません。

高次の存在の多くは障害者として地球にやって来ます

高次の存在が地球で人として生きていく場合、多くは障害者として地球にやって来ます。なぜなら、地球で人として生きていく為には、大変なエネルギーを使うからです。高次の存在が人として地球にやってくる場合、それは人として何らかの目的を達成する為ではありません。地球に直接エネルギーを送り、地球や地球に存在する生きとし生けるものを守り、助ける為にやって来ています。その為、地球で人として生きていく為に、自分のエネルギーを消耗することは難しいのです。

あなたは高次の存在のサポート役を申し出ました

あなたは高次の存在が人という仮の姿で、地球や地球に存在するすべての生きとし生けるものを助ける為の、サポート役を申し出ました。これはとても光栄なことです。多くの人たちがサポート役を申し出たことでしょう。その中であなたが選ばれたのです。しっかりサポートしてください。そして、高次の存在を通して、地球や地球に存在するすべての生きとし生けるものを助けましょう。

⑧あなた自身がメッセンジャー

家族に障害者がいるあなたは、実はメッセンジャーとしての役目を担っているのかもしれません。障害者の人たちは、高次の存在であったり、最後のお役目であったりする人たちが多くいらっしゃいます。その人たちは地球に存在する人たちに多くのメッセージを送っています。ですが、障害者であるがゆえに、自分でそのメッセージを伝えることは難しくなります。

家族であるあなたは、多くのメッセージを受け取っているはず

家族であるあなたは、多くのメッセージを受け取っているはずです。生命の大切さ、肉体の大切さ、無償の愛や純粋さの本来の姿など、多くのことを、障害者である家族を通して学んでいるはずです。それらを多くの人に伝えてください。あなたが感じたこと、あなたが学んだこと、すべてを多くの人たちにシェアしてください。必ず、あなたの言葉に共感する人が大勢います。あなたの言葉を受け取った人たちは、更により広く遠くまで、あなたのメッセージを運んでくれることでしょう。それがあなたのメッセンジャーとしての役目なのです。

最後に

ここまでの長文をお読み頂き、有難うございます。
障害者はその多くが高次の存在か、高次の存在になる一つ手前の人たちばかりです。だから、障害者の人たちはとても純粋なのです。その障害者の人を家族に持ったあなたは、高次の存在のお手伝いをしているのでしょう。または、あなたももしかすると、高次の存在になる一つ手前にいるのかもしれません。

今はとても大変かもしれません。辛く苦しい思いをしているかもしれません。ですが、これを乗り越えたその先には、心穏やかな世界があなたを待っています。あなたはその世界へ行く為に、現在の生活を自分で選びました。どうか、そのことを思い出してください。これを乗り越え、次の心穏やかな世界へ行きましょう。大丈夫です。あなたには乗り越えることができます。なぜなら、あなたが自分で選んでできたのですから。

「家族に障害者がいる方へのスピリチュアルメッセージ」の要点は

  • ①肉体の大切さを思い出すように
  • ②無償の愛の本来の意味を思い出すように
  • ③純粋さの本来の意味を思い出すように
  • ④心と心の繋がりを思い出すように
  • ⑤地球での人としての最後のお役目を行っている
  • ⑥地球での人としての最後のお役目のお見送りを行っている
  • ⑦障害者のご家族は実は高次の存在
  • ⑧あなた自身がメッセンジャー

ということでした。
以上、最後までご覧頂き、有難うございました。