拒食症になってしまった方へのスピリチュアルメッセージ

拒食症になってしまった方へ。

拒食症になってしまったあなたは、食べたくても食べられない状況に、とても苦しんでいることでしょう。病院に行って治療やカウンセリングを受けても、食べられないという状況は変わらず、不安な思いをしているのではないでしょうか。どうしてこのようなことになってしまったのかと、自分を責めたり、悩んでいる人もいるかもしれません。

あなたが拒食症になってしまったのは、スピリチュアルメッセージをあなたが受け取っているからかもしれません。拒食症のスピリチュアルメッセージは、その多くが自分自身を大切に出来ていなかったり、自分自身の心の声を聞き取れていなかったりすることが原因です。あなたは自分自身のことが、少し疎かになっていたのかもしれません。

これから「拒食症になってしまった方へのスピリチュアルメッセージ」をご紹介致します。メッセージとあわせてメッセージの意味と、どうすれば良いのかという対処法も一緒にご紹介して参ります。もし、これからご紹介するスピリチュアルメッセージの中に、あなたが思い当たるものがあったなら、参考にして実行に移してみてください。拒食症の改善のきっかけになるかも知れません。

拒食症の方へのスピリチュアルメッセージ
①自分を愛しましょう

あなたが拒食症になってしまったのは、『もっと自分を愛しましょう』というスピリチュアルメッセージを受け取っているのかもしれません。これは、自分に愛を送ることを忘れてしまっていると、受け取る可能性が高くなります。

あなたは愛を周囲に求めていませんか?

あなたは愛を周囲に求めていませんか?周囲から嫌われたくない、愛されたいと思っているのではないでしょうか。また、すべての人たちから愛されたいという思いも抱いているかもしれませんね。これは『愛』を自分以外の外へ求めている証拠です。

ですが、本当の愛は外にはありません。あなたが本当の愛だと思っているものはすべて幻です。本当の愛はあなた自身の中にあります。そして、あなたの中に眠っているあなたの魂は、あなたからの愛を求めているのです。それはあなたの外にある愛で代用できるものではありません。

鏡に映るあなたに向かって、笑顔で話しかけてあげてください

あなたの愛をあなたの魂に送る方法は、とてもシンプルです。毎日鏡に映るあなたに向かって、笑顔で話しかけてあげてください。また、あなた宛てに日記を書くのも良いでしょう。あなたの気持ちや意識を、自分自身に向ければ良いのです。とても簡単なことです。

ですが、この簡単なことを多くの人は忘れてしまっています。あなたも同じです。自分自身のことを気にかけてあげてください。それが、あなたの魂が求めている、あなたの愛なのです。

拒食症の方へのスピリチュアルメッセージ
②我慢しすぎです

あなたが拒食症になってしまったのは、『あなたは我慢しすぎています。あなたの思っていることや感じていることを素直に伝えましょう』というスピリチュアルメッセージを受け取っているのかもしれません。あなたは我慢することが当たり前になっているのかも知れません。自分の思っていることや感じていることは、心の中にとどめておくことが当然だと思っているのでしょう。

抑えつけられていた感情や考えが爆発し、外へ飛び出してきます

すべての人には感情があります。そして自分の意見や考えがあります。自分の意見や考え、そして感情を持つことは、人間として生まれてきたすべてに与えられている当然の権利です。そして個人の感情や考え、意見を押しとどめることはできません。そのようなことをされると、やがて抑えつけられていた感情や考えが爆発し、外へ飛び出してきます

その飛び出し方は人それぞれで、周囲に向けて攻撃する形で飛び出す人もいれば、自分自身を攻撃する形で飛び出す人もいます。拒食症は、自分自身を攻撃する形で飛び出した一例です。

自分の感情や考えを、外に向けて発信して良いのです

あなたは自分の感情や考えを、外に向けて発信して良いのです。それは人として生まれてきたあなたに与えられている当然の権利です。必ずあなたの感情や考えを受け止めてくれる人がいます。それもあなたのすぐそばに。

スピリチュアルメッセージはそのこともあなたに伝えています。我慢しないでください。感じていることをそのまま言葉にしましょう。言葉にすることが難しいなら文字にしましょう。そして周囲の人たちに伝えてください。あなたは我慢しなくて良いのです。

拒食症の方へのスピリチュアルメッセージ
③周囲の気持ちを感じ取りすぎています

人々

あなたが拒食症になってしまったのは、『あなたは周囲の人たちの気持ちを感じ取り過ぎています。制御する方法を身につけましょう』というスピリチュアルメッセージを受け取っているのかもしれません。感情はエネルギーの塊です。そのエネルギーの塊をそのまま受け取ってしまうと、それは大きな負担になります。感情のエネルギーの中には、攻撃的なものもあるからです。

感受性が強い人は、周囲の人たちの感情に大変敏感

感受性が強い人は、周囲の人たちの感情に大変敏感です。周囲の人たちの様々な感情をすべて受け取り、自分の中に取り込んでしまっているのです。自分の中に取り込んでしまうと、それは自分の感情なのか、それとも周囲の人たちの感情なのかが分からなくなり、混乱してしまいます。

感情を大変大きく表現する人がそばにいると、一緒にいるだけで疲れることがありませんか?そのような人が自分の中にいて、自分の気持ちを常にざわめかせている状態です。気の休まることがなく、安らぎを感じることがほとんどありません。

共感能力が強いエンパスかどうか診断できる8のチェック

心のアンテナを調整する最も良い方法は、瞑想をすること

あなたはきっと感情のアンテナが常に立ったままになっているのでしょう。そのアンテナで、受け取らなくても良い周囲の人たちの感情までも受け取ってしまい、それが心に大きな負担を与えています。心が疲れてしまって拒食症になってしまったのです。

心のアンテナを調整する最も良い方法は、瞑想をすることです。最初は5分から始めましょう。静かに目を閉じ、自分の呼吸に意識を向けてください。それだけで心は安らぎを感じることができます。慣れてきたら、徐々に時間を延ばしていくと良いでしょう。瞑想はあなたの心を元気にし、拒食症も改善されるでしょう。

拒食症の方へのスピリチュアルメッセージ
④エネルギーを受け取りすぎています

あなたが拒食症になってしまったのは、『あなたは様々なエネルギーを受け取り過ぎています。浄化し、防御する方法を身につけてください』というスピリチュアルメッセージを受け取っているのかもしれません。

この世には様々なエネルギーが溢れています。その中には良いエネルギーもあれば、良くないエネルギーもあります。多くの人たちは日々の生活の中で受け取った様々なエネルギーを、その日のうちに浄化することができます。また、受け取ることを調整する事もできています。

ですが、受け取るエネルギーの量を調整することも、また受け取ったエネルギーを浄化することも苦手な人もいます。そのような人の共通点は、大変親切で自己犠牲の精神があるということです。無意識に多くの良くないエネルギーを一身に受け取り、その人やその場を浄化しようとしているのです。

そして、このようなことを無意識に行っている人の多くは、そのエネルギーを浄化しきれないでいます。本来、人として持っている自浄作用では追い付かないくらい、毎日たくさんの良くないエネルギーを受け取ってしまっているからです。それらが抱えきれないほどに溜まると、肉体に悪影響を及ぼす結果となってしまいます。あなたはきっと、とても親切で自己犠牲の精神のある人なのでしょう。あなたはもしかすると気づいていないかもしれませんが、実際そうなのです。

天然のお塩を持ち歩くようにしましょう

普段から天然のお塩を持ち歩くようにしましょう。お塩には強い浄化作用とバリア効果があります。天然のお塩を持つことで、あなたが無意識のうちに受け取ってしまっている良くないエネルギーを退けてくれるでしょう。

また、お風呂に入る時には、洗面器いっぱいにお湯を入れ、そこに一つまみの天然のお塩を入れて、頭から被りましょう。あなたのエネルギーが浄化され、あなたがこれまで受け取ってきた良くないエネルギーが少しずつ浄化されていきます。ゆっくり時間をかけて浄化していくことで、拒食症の症状も和らいでいくでしょう。

拒食症の方へのスピリチュアルメッセージ
⑤周囲に与えすぎています

エネルギー

あなたが拒食症になってしまったのは、『あなたは周囲に与えることばかりをしています。周囲から受け取ることも覚えましょう』というスピリチュアルメッセージを受け取っているのかもしれません。

「人に何かをしてあげたい」や「誰かを助けてあげたい」という気持ちを持つことは、大変良いことですし、とても大切な事でもあります。これらはエネルギーを与える行為にあたり、エネルギーを与えるからには供給も必要になってきます。そうしなければ、自分のエネルギーが空っぽになってしまうからです。

与えることばかりが得意な人

与えることばかりが得意な人は、受け取ることが不得手なので、常にエネルギー不足に陥っています。受け取ることが不得手な人とは、人から親切にされたり、誰かに助けてもらうということを、普段からあまりしない人です。

こちらが日頃の感謝の気持ちも込めてお礼をしようとすると、叩き出すような大きなリアクションで、そのお礼を断ります。また、仮に受け取ったとしても、それ以上のことをまたこちらに与えてくれます。受け取ることに罪の意識があるからです。自分は誰かに何かをしてあげて当然の存在なのだと思っていると、受け取ることが罪深いことのように感じられます。

そして、周囲の人たちに与える側にばかり回り、自分のエネルギーをどんどん分け与えてしまいます。エネルギーは自分の中からある程度湧いてきますが、その許容範囲を超えると、周囲から受け取ることで供給する必要が出てきます。ですが、受け取ることに罪の意識があり、不得手なので、どんどん自分のエネルギーは減っていき、やがて完全に枯渇してしまいます。エネルギーが完全に枯渇すると、それは肉体的な病気となって現れます。

受け取ることに罪の意識を感じる必要はありません

あなたはきっと人に与えてばかりいて、受け取ることをして来なかったのでしょう。受け取ることに罪の意識を感じる必要はありません。受け取らないことの方が罪なのだということを知ってください。あなたに与えてくれるその人は、与える側に回る必要がある人だったのです。それがその人にとっての学びだったのです。

受け取らないことは、人の学びのチャンスを奪っている行為

ですが、あなたはその人の与える側に回るという学びのチャンスを奪ってしまいました。それは良いとは言えません。受け取らないことは、人の学びのチャンスを奪っている行為なのだということに気付き、今後はそのようなことをしないようにしましょう。

その上で、今はしっかり休息を取ってください。あなたのエネルギーは、完全に枯渇してしまいました。今は長期間での休息が必要なのです。しっかりエネルギーの充電をしてください。

拒食症の方へのスピリチュアルメッセージ
⑥他人におんぶにだっこはやめましょう

あなたが拒食症になってしまったのは、『あなたは他人におんぶにだっこ状態です。これは良いとは言えません。自分の足でしっかり生きていくことを誓いましょう』というスピリチュアルメッセージを受け取っているのかもしれません。

他人におんぶにだっこ状態の生き方は、もしかするとあなたのせいではないのかもしれません。あなたの周囲があなたにそのような生き方を強いてきた結果、それが当たり前になってしまっているのかもしれません。ですが、仮にそうだったとしても、それは良い生き方とは言えません。そのような生き方から卒業する時が来たのです。

最終的には自分で決めて歩いていきます

すべての人には、自分の足でしっかり生きていくという人生があります。それは自分で決めてきた人生です。人生は多くの人たちとの関わり合いで成り立っていて、助け合いを必要としています。助け合いとはお互いが助けて助けられてという関係です。決しておんぶにだっこ状態のことではありません。自分の考えや意見、感情を大切にし、それらに基づいた道を歩んでいくのです。

時には周囲のアドバイスが必要なこともあるでしょう。ですが、最終的に決めるのは自分自身です。どれだけ多くの人たちからアドバイスを受け取ったとしても、自分の人生なのですから、最終的には自分で決めて歩いていきます。それが自分の人生の歩き方です。

自分の考えや気持ちを大切にしてください

あなたはきっと、自分の考えや気持ちというものをほとんど持ったことがなかったのでしょう。もし仮に持ったとしても、誰かがそれを否定し、別の提案をしてきたなら、何の疑問も抱かずその提案通りに歩みを進めてきたのでしょう。

それは人間ではなく、人形です。あなたは人形ではなく、人間です。もっと自分の考えや気持ちを大切にしてください。周囲の人たちが与えてくれたアドバイスを必ず採用しなければならない、ということはありません。あなたの考えや気持ちにそぐわないなら、そのアドバイスを退けても良いのです。おんぶにだっこ状態から卒業し、あなたの人生はあなたの足で歩いていきましょう。

拒食症の方へのスピリチュアルメッセージ
⑦人間関係の断捨離が必要です

あなたが拒食症になってしまったのは、『あなたの人間関係で、あなたに大変悪い影響を与えている関係があります。断捨離をし、あなたにとって本当に大切な関係だけを残しましょう』というスピリチュアルメッセージを受け取っているのかもしれません。

これは、緊急性の高い警告のスピリチュアルメッセージです。人間関係が与える影響は、大変大きいからです。それが悪い影響なら、早急にその関係を手放さないと、あなたの周囲の人たちにまでその悪い影響は及んでしまうかもしれません。

悪い影響を与える人間関係の例を挙げてみましょう。

・緊張するような人間関係

特に理由は見当たらないけれど、何故かその人と話をしたり、行動を共にしたりすると、無意識に構えてしまっている関係です。そこに恐怖心や遠慮があるわけではないのですが、筋肉が硬直するという肉体的な症状があります。

・いつも顔色を窺っている

常にあなたがその人の顔色を窺っている関係です。また、意識していなくても、その人のことが好きでもないのに怒っている時や、機嫌が悪い時だけは、はっきりわかるという場合も、これに当てはまります。

・その人の手となり足となって動いている

その人が「お茶が飲みたいなぁ」と独り言のようにつぶやくと、あなたがすかさずその人の為にお茶を用意し、本人に渡すような関係です。

・肩代わりをしている

仕事などで、自分の仕事を止めても、その人の仕事を優先して片付けるような関係です。

ここに挙げたのは一例ですが、これらはあなたにとって大変悪い影響を与えている人間関係です。あなたの良いエネルギーを奪い、代わりに悪いエネルギーをあなたに送り込んでいるからです。あなたの良心につけ込み、自分が楽をしたり良い思いをしたりするような行動は、良いエネルギーを奪い取り、悪いエネルギーを送っている行為です。このような関係はすぐに断捨離をする必要があります。

あなたの人間関係を振り返ってみてください

あなたの人間関係を振り返ってみてください。そして、常にあなたが下手に回っている関係があるなら、それらはすべて断捨離しましょう。そしてあなたといつも対等の関係にあるものだけを残してください。それが自然な関係なのです。

拒食症の方へのスピリチュアルメッセージ
⑧バランスの悪い食生活を改めましょう

食べ物

あなたが拒食症になってしまったのは、『あなたはこれまでバランスの悪い食生活を続けてきました。これを機会に食生活を見直し、バランスを考えましょう』というスピリチュアルメッセージを受け取っているのかもしれません。

バランスの悪い食生活と聞くと、野菜を食べないで肉ばかり食べている食生活と思われがちですが、そうではありません。肉や魚を一切食べないで、野菜ばかり食べている食生活も、時と場合によってはバランスの悪い食生活になります。

エネルギーに活力を与えるには、肉や魚

肉体的な疲労を感じる時は、エネルギーに活力がなくなっています。エネルギーに活力を与えるには、肉や魚を食べる必要があります。肉や魚にはエネルギーを活性させるパワーが宿っているからです。

「トンカツを食べて受験戦争を戦う」と言を担ぐ人がいますが、あれはあながち間違いではないのです。本人は語呂合わせのつもりで言っているのかもしれませんが、受験戦争という戦いを乗り切る為には、やはり体力的なものが大切になってきます。エネルギーに活力を与え、戦いを乗り越えやすくするには、トンカツのような肉料理を食べ、エネルギーを元気にする必要があるのです。

精神的な疲労を感じている場合には、野菜や果物

反対に精神的な疲労を感じている場合には、野菜や果物を食べる必要があります。精神的な疲労を感じているのは、エネルギーの浄化が速やかに行なわれていないからです。野菜や果物にはエネルギーを浄化する力が宿っています。食べ物として取り込むことで、体内からエネルギーの浄化を促進し、精神的な疲労を回復させます。

バランスの良い食生活の改善に取り組んでください

あなたはきっと、どちらかに偏った食生活を送っていたのでしょう。ダイエット目的なら、なおさら食生活のバランスは崩れます。ですが、偏った食生活はダイエットにはなりません。むしろエネルギーが偏り、悪影響を及ぼしてしまいます。それの一つが拒食症です。

資格を持ったプロの人と、バランスの良い食生活の改善に取り組んでください。拒食症の早期改善は難しいかもしれません。ですが、あなたが自分の身体のことを思い、真摯に食生活の改善に取り組めば、ゆっくり改善されていくでしょう。根気よく向き合っていきましょう。

拒食症の方へのスピリチュアルメッセージ
⑨自然のエネルギー不足

森林 自然

あなたが拒食症になってしまったのは、『自然のエネルギーが不足しています。その為、あなたはバリアを張ることができず、良くないエネルギーにさらされた状態になっています』というスピリチュアルメッセージを受け取っているのかもしれません。

自然の少ない場所にいるのではありませんか?

あなたは自然の少ない場所にいるのではありませんか?大都会に住み、大都会で仕事をしていると、自然のエネルギーがどんどん枯渇してしまいます。都会に充満しているエネルギーは、お世辞にも良いエネルギーとは言えません。そのエネルギーに常にさらされた状態あると、そのエネルギーが体内に溜まり、やがて体調不良の原因となります。拒食症もその体調不良の一つです。

都会は様々な人たちの思いの吹き溜まりになっています。怒りや不満、苦しさや痛み、悲しみといった感情は、都会に大変溜まりやすいのです。それだけ多くの人たちがそのような思いを抱えているということです。

悪い感情は自然のエネルギーで浄化されます

これらの感情は自然のエネルギーで浄化されます。ですが、都会には自然が大変少なく、このような良くない感情を抱いている人は大変多いのが現状です。すると、浄化されない良くない感情は、良くないエネルギーとなってどんどん溜まっていきます。コンクリートやガラスに浄化作用はありませんから、それらの良くないエネルギーはそこにとどまり続けます。

感受性の強い人やエネルギーに大変敏感な人が都会を嫌うのは、このせいです。そこに溜まっている良くないエネルギーがあまりに重すぎ、不快なのです。

自然に囲まれたところへ行きましょう

自然に囲まれたところへ行きましょう。都会から離れてください。あなたに都会は不向きなのです。自然のエネルギーは良くないエネルギーを浄化するだけでなく、良くないエネルギーそのものを退けてもくれます。その自然のエネルギーを取り込むには、自然の中に入るのが最も効果的です。

あなたは都会の良くないエネルギーにさらされ、心身ともに疲れてしまっているのです。自然の中へ行き、癒してもらいましょう。バリアが張れるくらいにまで回復したなら、拒食症も改善されるでしょう。

最後に

ここまでの長文をお読み頂き、有難うございます。
拒食症を改善するには、あなた自身の肉体の声に耳を傾ける必要があります。あなたの肉体はいつもあなたに様々なメッセージを送っています。その声はとても小さく、あなたが意識して耳を傾けないと、聞き逃してしまうような声です。あなたの肉体に気持ちも意識も向けましょう。すると、肉体の声があなたの耳にも届くでしょう。肉体の声をキャッチすることができたなら、会話も可能になります。コミュニケーションを取りながら、拒食症と向き合ってください。どのようにすれば拒食症が改善されるのかは、あなたの肉体が一番よく知っているのです。

拒食症になってしまった方へのスピリチュアルメッセージは

  • ①自分を愛しましょう
  • ②我慢しすぎです
  • ③周囲の気持ちを感じ取りすぎています
  • ④エネルギーを受け取りすぎています
  • ⑤周囲にばかり与えすぎています
  • ⑥他人におんぶにだっこはやめましょう
  • ⑦人間関係の断捨離が必要です
  • ⑧バランスの悪い食生活を改めましょう
  • ⑨自然のエネルギー不足です

ということでした。
以上、最後までご覧頂き、有難うございました。