腰のトラブルに込められたスピリチュアルメッセージ

腰のトラブルに悩まされている方へ。
腰痛は国民病とも呼ばれ、日本国民の約8割が今までに腰痛に悩まされた経験を持ち、40代〜60代の4割以上が慢性的な腰痛に悩まされていると言われています。

私達にとってこれほどメジャーな症状である腰痛ですが、実は腰痛の85%は医師にも解明できない非特異性腰痛という原因不明の腰痛になるのです。

原因が特定されている残りの15%の疾患の中でも代表的なものとして椎間板ヘルニアなどがありますが、手術でヘルニア部分を取り除いても痛みが取れないという事も少なくありません。それほど、腰痛による痛みというものは現代の医学界をもってしても謎に包まれているのです。

そこで今回は腰痛とスピリチュアルの関連性に注目して、スピリチュアルの視点から腰のトラブルを読み解いていきたいと思います。

本記事では、「腰のトラブルに込められたスピリチュアルメッセージ」をご紹介いたします。

腰痛の原因が謎だらけな理由
「腰は気が交錯する場所だから」

ヨガ

前述したように、腰痛は医学的に原因が特定されていないものがほとんどです。普段の姿勢が悪かったり、腰に負担が大きい作業をするなど、腰痛の原因になりそうな事柄は多く存在しますが、それは腰痛の直接の原因ではないようです。

腰は身体の中心部にあり、スピリチュアルの視点から見ると、腰は身体の中を流れる気のエネルギーの交錯が激しい場所です。 また、腰は身体の上半身と下半身を繋ぐ場所であり、最も気の流れが滞りやすい場所でもあります。

気がバランスを保ちながら複雑に流れている唯一の場所が腰であり、そのバランスを崩すと腰痛になるとスピリチュアルの世界では考えられています。

複雑な気の流れの渋滞から引き起こされていると言われている腰痛は、医学的に見れば当然原因不明、謎だらけという事になるのです。

気の流れが滞る原因は「怒りの気」

怒り

気の流れが腰で滞ってしまう原因として考えられるのは怒りの気です。怒りの気とは、怒った時に生まれる負のエネルギーを持った気を意味します。そして、怒りの気は腰に溜まりやすいという性質を持っています。

腰に怒りの気が溜まると、溜まった気のエネルギーが反応して腰に痛みを発生させます。

怒りの気はどんな小さな怒りにも反応

そして怒りの気の厄介な点は、怒りの気はどんな小さな怒りにも反応してエネルギーを発生させてしまい、蓄積されてしまうところです。

もしも、あなたが普段から怒りっぽい性格である場合、その怒りの気は確実にあなたの身体に蓄積され、将来的に腰痛になる可能性が高くなりますので気をつけて下さい。

▼腰に痛みを感じる時のスピリチュアルメッセージ
「自身を支えるために必要な物質を持ち合わせていない事への不安感がある」

私達が腰に痛みを感じる時のスピリチュアルの世界からのメッセージは「自身を支えるために必要な物質を持ち合わせていない事への強い不安感がある」となります。

自身を支えるために必要な物質とは

自身を支えるために必要な物質とは、具体的には「安心できるほどのお金」であったり、「安らげる居心地のいい家」であったり、自身を幸せにする「恋愛パートナー」、「子供」、「生活を安定させる仕事」、「世間に認められるような学歴」などがあります。

このように、自身には何かが欠けている、足りていないという不安を持っている事から、自身の安定した生活や将来像が見えない事に繋がり、不安定な精神状態が続くという現象が起きています。

自身には何かが欠けていると考えてしまう本当の理由は「手に入れる事を拒んでいる」

自身には何かが欠けていると考えて不安感をつのらせ、その結果腰痛を抱えている人は、どうしても手に入れたい物があるからではなく、本当は手に入れる事を拒んでいると考えられます。

無意識のうちに受け取りを拒否

スピリチュアルの世界では、私達全ての人間は、本来望む物は全て手に入れる事ができ、手に入れられないものや、手に入れてはいけないものはないと考えられているので、現時点であなたが手に入れたいのに手に入れられないものがあるのであれば、無意識のうちに「自身にはそれを手に入れる資格がない」「手に入れてはいけない」というように、自分自身に対してストップをかけていて、受け取りを拒否している可能性があります。

つまり、本当は必要としているのですが、自身が深層心理レベルで無意識で拒否している為に手に入っておらず、その現状に不安を感じて腰痛を引き起こしていると考えられます。

▼腰痛が慢性化している場合のスピリチュアルメッセージ
「自身に必要なものが欠けているという固定概念にとらわれている」

私達の腰痛はしばしば慢性化しますが、依然として原因不明な場合がほとんどです。慢性化した腰痛をスピリチュアルの観点から見ると、自身にとって必要なものが欠けているという固定概念にとらわれてしまっている」というメッセージになります。

所有できていない物を常に追うようになってしまう

私達は何かを必要として欲した時に、それが手に入らない経験をした場合、物に執着する傾向があります。必要、不必要に関わらず、念の為に蓄えておこうとする癖がついてしまったり、一つ手に入れたとしても、無意識に次に手に入れるものを探してしまいます。「まだ自分にはこれが足りていない」「次はこれを手に入れなければならない」と考えるようになり、所有できていない物を常に追うようになってしまう為、腰痛も慢性化してしまうと考えられています。

スピリチュアルの観点から見た腰痛改善方法
「物を所有する自分を許す事」

光 手

今現在、腰痛に悩まされている人の中で、物を所有する事に対して、「自分には手に入れる資格がない」「手に入れるべきではない」などと拒んでいる人は、まずは物を所有する自分を許す事が大切です。

何かを拒否する心を引っ張り出してきて下さい

何かを拒否する思いは、心の奥の方に押し込まれているので、まずはこの思いを表面まで引っ張り出してきて下さい。そうする事で、自身が拒む心を持っている事を自覚する事が出来ます。そして自覚する事で初めて自分の心と向き合うことができ、心の奥に抱えた傷を癒す事が出来るのです。

そうして拒む気持ちを手放して解放してあげる事で、自分で必要な物や欲しい物を手に入れられるようになりますし、同時に腰痛も快方に向かうはずです。

▼ギックリ腰になった場合のスピリチュアルメッセージ
「怒りの感情を溜め過ぎている」

前述したように、怒りの感情は気の流れを滞らせる一番の原因になります。怒りが持つエネルギーは大変重いので、気やエネルギーの流れを滞らせてしまいます。気の流れが悪いと腰痛の原因になりますし、中でも急激に症状を表すギックリ腰は、怒りの感情を溜め過ぎて気の重さに腰が支えきれなくなった結果起こると、スピリチュアルの世界では考えられています。

腰痛を感じたら、怒りの感情がまだ消化できていない状態だという事を自覚し、自分の内面に溜まっている怒りをなるべく早く手放しましょう。腰痛は怒りの感情が溜まっているサインであると考え、ギックリ腰までになってしまわないように早めの対処が大切です。

また、怒りの感情はスピリチュアルの観点では、強い伝染力を持っているとされています。皆さんの近くに怒りに満ちた人や、いつも愚痴を言っている人、怒りっぽい人がいる場合は、なるべく近付かないようにしましょう。

▼転んだり、打撲した事が原因の腰の痛みが伝えるスピリチュアルメッセージ
「足をすくわれる可能性がある」

転ぶ 失敗転ぶなどの外的な要因の腰痛が意味するスピリチュアルメッセージは「足をすくわれる可能性がある」という警告のメッセージになります。気持ちが大きく大胆になっていたり、浮き足立っていたりという事があると、気も安定感を失い、その結果腰も不安定になります。

そうすると、日常生活の中でも転びやすくなり、大怪我に繋がる可能性もあります。こんな時は一度気持ちを引き締め直しましょう。初心を忘れず、しっかりと地に足をつけて歩みを進めるように心がけましょう。

▼腰が抜ける時のスピリチュアルメッセージ
「人生で転ぶ前触れ」

腰が抜ける時のスピリチュアルメッセージは、人生で転ぶ前触れです。この症状は、感謝の気持ちを忘れかけている時に現れる可能性が高くなります。腰は気の中心部分になっていますので、感謝の気持ちを忘れてしまうと、人が離れて行ってしまいまい、人生で転ぶ事になってしまうのです。

常に謙虚な気持ちを持つ

人は1人では生きられないので、多くの人達の支えがあって人生が成り立っています。その事を決して忘れずに、常に謙虚な気持ちを持って、周りの人への感謝をし続けるようにして下さい。その感謝の気持ちがあなたに新たに良い縁を引き寄せてくれる事でしょう。

最後に

ここまでの長文をお読み頂き、有難うございます。腰のトラブルは私達にとって非常にありふれたものであるにも関わらず、原因不明のものがほとんどです。

昔と比べてかなりの進歩を遂げた現代の医学をもってしても腰のトラブルに関してはほぼ解明出来ていないという事実は、俄かには信じ難いかもしれませんが紛れも無い真実であり、本記事の中でもスピリチュアルの世界との強い繋がりが多々見受けられたかと思います。

皆さんが今後腰のトラブルに悩まされ、病院でも原因がわからない場合は、スピリチュアルの観点から自身を見つめ直してみると解決の糸が見えてくるかもしれません。

「腰のトラブルに込められたスピリチュアルメッセージ」の要点は

  • ①腰痛の原因が謎だらけな理由は、腰は気が交錯する場所だから
  • ②気の流れが滞る原因は「怒りの気」
  • ③腰に痛みを感じる時のスピリチュアルメッセージ
    「自身を支えるために必要な物質を持ち合わせていない事への不安感がある」
  • ④自身には何かが欠けていると考えてしまう時のスピリチュアルメッセージ
    「手に入れる事を拒んでいる」
  • ⑤腰痛が慢性化している場合のスピリチュアルメッセージ
    「自身に必要なものが欠けているという固定概念にとらわれている」
  • ⑥スピリチュアルの観点から見た腰痛改善方法
    「物を所有する自分を許す事」
  • ⑦ギックリ腰になった場合のスピリチュアルメッセージ
    「怒りの感情を溜め過ぎている」
  • ⑧転んだり、打撲した事が原因の腰の痛みが伝えるスピリチュアルメッセージ
    「足をすくわれる可能性がある」
  • ⑨腰が抜ける時のスピリチュアルメッセージ
    「人生で転ぶ前触れ」

ということでした。
以上、最後までご覧頂き、有難うございました。